「ヒト」が生き生きと働ける環境を考えるブログ

私が約17年間勤めた会社を辞めようとしている理由と、まつわる原因を分解していきます。経営者や管理職の皆さんに、ふと考えて頂きたいことを記事にしています。

皆さんの普段のコミュニケーションは充実していますか?

私が所属している会社は、色々とアナログで進められている点も多く、私は仕事をする上では「時代から遅れている感」を少々持っていました。

しかし、数週間前からskype for businessが導入され、一部の方とは遠隔地の方でも、デスクトップ上でお互いの顔を見ながら話をすることができるようになりました。

全社的に、まだビデオ通話は開通していないのですが、私の周辺は遠隔コミュニケーションが多いので、上長が気を利かせて、私の周辺のみ先行導入の手続きをしてくださいました。

 

これまでは、TV会議システムが導入されている会議室を確保したり、Web会議システムを予約してから打ち合わせをしていましたが、東京にいる上長とは気軽にコミュニケーションが取れるようになり、私の中では「距離」が壁ではなくなった感じがあります。

チームのメンバーとも、一気に距離が縮まった感があります。

やはり、文章のみ(メール/視覚)・声のみ(電話/聴覚)ではなく、対話(視覚・聴覚)が一番効果的であることを痛感しました。

 

普段はすぐ近くに居ないので、デジタルで相手の存在を認識しているだけですが、コミュニケーションを取ろうとすると、近くにいるようにコミュニケーションが取れることは、大変ありがたいです。

これで、コミュニケーション上の大きな壁がなくなったので、業務上での支障はないように思います。

 

以前、以下の記事を記載しましたが、これでどこでも仕事ができる状況に近くなりました。社内でも在宅でも、「距離」は大きな問題にならない気がします。

bluemiyumiyu.hatenablog.com

でも、「在宅勤務」となると、話が違うのですよね。

 

今回は、「在宅勤務」ではなく、単純に「コミュニケーション」に焦点を当てましたが、予算が通るようでしたら、遠隔の方との対話が便利なツールの導入はお勧めです。

私自身、気が重かった業務に対して、少々前向きになることができました。

 

拠点が複数ある企業におかれては、こういったツールは、人材の有効活用にもよい効果があると思います。

導入には、業務姿勢や無駄な通話が課題になると思いますが、前向きに仕事をしようとするメンバーにおいては、プラスになります。

私も生産性を上げて仕事をすることができそうです。

折を見て、費用面からの考察も実施してみます。

 

ショックを受けた就学時検診

世の中、色んなご家庭や境遇の方々がいると思うのですが、「自分は視野が狭いなぁ」と感じることがありました。

 

先週、年長の娘の就学時検診がありました。

「息子のときと同じ」と思いながら、娘と一緒に順番待ちをしていたのですが、しばらくして、アラサーくらいの男性が、1人で5〜6人の男の子を連れて、検診に来ていたのを目にしました。

 

何となく気になって、時おり様子を伺ってしまったのですが、男性は男の子たちと楽しそうに談笑し、乾燥が気になるのか、みんなの頬にワセリンを塗ってあげている光景もありました。

大きな缶に入っていたので、大容量のものを持ち歩いているんだなーと思って見ていたのですが、その集団と、それ以降にきた親子たちとが、明らかに隔離されていました。

なぜ、あそこから隔離するのだろう?と思っていましたが、ようやく「児童養護施設の子どもたちかも」と気づきました。

 

男性と男の子たちの集団は、私たち親子の、少し後ろのほうに続いていたのですが、待合室では別の部屋に誘導され、明らかに普通とは違う扱いでした。

 

校長先生と引率の男性が挨拶を交わす光景も目にしたのですが、合意の上で、隔離されているようでした。

就学前の男の子たちは、みんなお行儀よく楽しそうに見えましたが、明らかに周りと自分たちが違う様子に、何かしら感じるとことがあっただろうと思います。

 

これを機に、児童養護施設のことを少し調べて見たのですが、本当に色んな事情があって、国内には年間3万人前後の擁護されている子供達がいることを知りました。

私が住んでいる市内にも4ヶ所の養護施設がありますので、近くの養護施設から検診にきたものと思われました。

 

「ヒト」それぞれ、色々な人生があると思います。

親としては、子どもとの時間をなるべく増やそうとする人・子どもとの時間より仕事や趣味に時間を割くことになる人・子どもとの時間を作りたくても作れない人、など、色々いらっしゃいます。

それぞれの理由の是非には言及しませんが、子どもと親の関わりかたも千差万別な昨今、子どもも大人も「何もかもが違って当たり前」が大前提であることを身に染みて感じました。

 

「ヒト」の環境は、職場に限らず悩むことがありますが、私が知らない子どもたちの環境を知る機会も度々あり、親子ともに一緒に考えていく必要があると感じました。

 

 

部署によって「業務改善」レベルは雲泥の差

下記は、私がプロフィットセンターからコストセンターに異動してから、何かある都度に疑問に思っていたことです。

 

コストセンターに在籍している皆さま、プロフィットセンターがどれだけ苦労して企業の利益を捻出しているか、理解していますか?

 

私は転職した経験はありますが、ほぼ現在所属している会社の内部事情しか知らないので、他社でも同じなのか違うのかわかりませんが、私が所属している会社では、「なぜこんなに原始的なことをするの?」と思うことばかり、コストセンターからプロフィットセンターに向けて発信されます。

10年以上前から指摘していることも、未だに人海戦術で乗り切ろうとするのです。

 

・泥臭い面倒な業務改善に着手したくない(リーダーになりたくない)

・自分の仕事がなくなるから、改善したくない

 

このような思惑があちこちに存在していたことも知ってはいるのですが、今週から参加することになったコストセンター内の定例会議で、この10年の間に改善が進まなかった根本原因を悟りました。上位職者のベクトルが一致していないのです。

その上、適切に情報を管理できていないことが、要らない仕事を増やします。

 

私は長年、データベースに関わる仕事(広義でいうとデータサイエンティストのような仕事)をしていたこともあり、システム内のデータの保有状況がわかれば、自在にデータ分析や集計・レポートの作成を行うことができます。また、複数のシステムのデータを統合することも可能です。

なんでもシステム化したら良いとは言い切りませんが、繰り返しの作業やデータは、何でもシステム化(業務効率化)できます。

ただし、目的と見いだしたい結果が明確でなければ、何をやっても負の遺産になってしまいます。

コストセンターでの業務を主とする皆さんは、こういった着眼点は、あまりないものでしょうか?

 

私は、負の遺産だらけの内情を目の当たりにして、頭痛がしてきました。

会議が終わってからお手洗いに行って、自分の顔を鏡でみて、眉間のシワが復活していたことにショックを受けました。

最近は、心穏やかに仕事をさせていただいていたので、若くから堀込まれた眉間のシワも改善していたのですが、また一瞬で復活してしまいました。

 

このご時世、どんな仕事をしていても、情報処理とプログラミングは必須スキルかと思います。

自社内では、これらをあまり理解されていないメンバーへの教育が最優先であることを認識しました。

自分でプログラミングをする必要はないですが、情報をどう保有していれば良いのかについて、共通の認識を持っておく必要があります。

 

皆さんの周りに、支えあえる環境はありますか?

私は、スポーツ全般、基本的に体を動かすことは何でも好きですが、小学生の時にはバレーボールの少年団に入部していたこともあり、TVで全日本バレーの中継があると、見入ってしまいます。

 

色々な選手がいますが、こちらの記事の栗原恵さんは、コートに立っているだけで華があり、彼女が全日本のコートにいた時代は、他の年と比べると我が家の観戦率は高かったように思います。www.msn.com

詳細は存じませんが、全日本のコートを離れてからの彼女の紆余曲折は、時折スポーツ記事等で目にしていました。

今回、久々の彼女に関する記事を拝見し、「色々あったんだろうけど、今は充実しているようで良かったな」と、ほのぼのさせていただきました。

 

なお、今回の記事内の彼女の発言に、気になる発言がありました。

(バレーボールを)辞めようとか、辞めなきゃと思うシーンで、その時、その時にいつも支えてくれる人たちがいる。試合に出られないならここにいる意味はないから去ろうって思っても、引き留めてくれる。必要とされるってすごくありがたいことですよね。だから、今年はチームに恩返しをしようって思いました

「彼女も周囲の支えがあってここまで来たんだな」と、「どんな「ヒト」でも、どんな境遇でも、「ヒト」に必要なものは同じだな」と、感じました。

 

「ヒト」は自分本位になりがちで、周囲の状況を顧みない言動が生じてしまうことがあります。それは、「自分の思い込み」や「コミュニケーション不足」が起因することになると思います。

しかし、「周囲の方が声をかけてくれること」によって、自分自身の価値を再発見することができ、新たな道を見いだせるきっかけになることがあります。

 

コミュニケーションスキルの一つに「傾聴」がありますが、どんな心境の時であれ、自分に声をかけてくれる「ヒト」の話をよく聞いてみると、新たな自分に成長できる一歩となることがあります。

 

若い時は、「ヒトの話は聞かない(聞きたくない)」「一匹狼」「我が道を行く」といった感じで、自分の好きなように生きていくことが、私自身は楽しかったのですが、歳を重ねるにつれて、常に誰かに支えられていることを感じます。先日も書きましたが、「何かの見えない糸でつながっている」感じです。

 

自分自身においては「ヒトの話はきちんと聞く(傾聴)」、他人に対しては「気にしていることを声に出す(声掛け)」という、こういったコミュニケーションを重ねるだけで、支え合い、お互いに成長していける関係が築けるものと思います。

そして、これは年齢に関係なく、どこでも誰でもできる事です。

 

若くしてこれを体感している方もいるかもしれませんが、私は30代後半頃から、ようやく、こういったことを実感するようになりました。

私自身、今が一番、身体共に充実している時期だと自覚しています。だからこそ「ヒト」の支えになれる「ヒト」になれるよう、ますます成長していきたいと思います。

 

 

私が仕事を通して得た、感動とやりがい(部下編②)

以下のようなキャリアの方がいました。

・専門分野の経験:2〜3年

・英語力:TOEIC780くらい。ある程度の英会話も可能。

・前職で部長職経験あり。

このご経歴の方、皆さまの組織では活躍していただけそうですか?

 

私は、この方の履歴書を拝見したときに、「私の管轄下で活躍いただけるだろうか」「構築されつつあるチームの歯車が噛み合わなくなるのではないか」など、とても悩みました。

当時は、業務をこなせる業界経験よりも、メンバーを束ねるリーダーシップの有無を重視していましたので、魅力的なキャリアでした。

しかし、私より7歳年上の男性でしたので、私自身が適切にリーダーシップを発揮できるかにも不安があり、上司にも相談した結果、私の部署では書類選考時点で不採用と判断しました。

ところが、別の部署で最終的に採用が決まり、私が所属する会社に転職してこられました。

 

入社後、業界を理解するためでしょうか、新卒も通る道を同じように通るよう配置されたようです。その後は、他部署のことですので詳細は知りませんが、コミュニケーションが上手くいかなかったようで、1年前後で別の部署に異動となりました。

次の異動先では、部内でのコミュニケーションにも問題はなく、プロジェクトマネージャーとして活躍されました。

しかし、更にその1〜2年後には、組織の統廃合で該当部署の業務分承が変更となり、その方は、元の部署界隈に戻ることが適切な状況となってしまいました。

ですが、該当部署界隈から異動となっていた経緯もあってスムーズに異動は決まらず、受け入れ先検討者リストに名前が上がり、各部での受け入れを検討することになりました。

 

私の部署でも受け入れリストを検討したのですが、そのリストを検討する過程で、私は勝負に出てみることにしました。

その頃は、たまたまその方と座席も近く、時には雑談する機会もあり、お人柄に問題ないことは確信していました。あとは、私が提示するキャリアプランに、ご本人が同意してくださるかどうか次第でした。

 

その方は、休日を挟んでしっかり考えてくださいました。

そして、私の管轄下への異動を決心してくださいました。私が提示したキャリアプランに同意してくださったのです。

報告頂いた時のメールには「チャレンジの機会を下さったことに心から感謝いたします」とありました。

 

私の部署への異動後は、部署の向かうべき方向を理解し、積極的にリーダーシップを発揮してくださいました。「方向性を見誤っている」又は「方針を理解しかねている」部下を率いるために、定期的に私へのホウレンソウもありました。

この方のチームは、「Projectの契約形態が普通とは違う」「この方と同じような異動を経験したヒトの割合が高い」といった様々な特殊事情があり、一筋縄にはいかないチームであることは承知していました。

しかし、異動1年後には、売上も利益も1.5倍に伸ばすまでのチームに成長しました。

 

会社の目標を達成するためには、やはり「ヒト」の相互理解がとても大切です。

この方と協働した期間は、この大切なこと(「ヒト」を見てマネジメントしていくこと)を改めて痛感した期間でした。

 

この方は、上司である私への配慮も際立っていました。

一番心に残っているのは、私が「自分らしく」活躍できていなかった時期に、私の心境を察して声をかけてくれ、時間のない私に配慮して、私の帰宅時の電車の中で相談に乗ってくれたことです。 

私の帰る時間は、みんなよりいつも2時間早いですが、それに合わせて仕事を終わらせ、この方の通勤経路ではない沿線の中、私の悩みに親身に耳を傾けてくれました。

上司の立場の私としては、部下に悩みを聞いてもらって情けない上司なのかもしれませんが、上司に気遣える部下なんて、そういません。(私の方が年下だったので、目につく点が色々あったのだろうとは思いますが)

この方は、部下へも上司へも、もちろん顧客に対しても、同じように気を遣える方だったのです。

 

ある時、なぜ今の域まで成長することができたのかを尋ねてみました。

この方の回答は、「自分が苦しい経験をしてきたからこそ、他人を思いやれる」といった内容の体験談でした。

「若い時の苦労は買ってでもしろ」とは言いますが、苦労した経験を持つと「ヒト」を見る目も長けるということでしょうか。

 

私の中では、「次期部長はこの方しかいない」と感じていましたので、タイミングを見ながら他のチームの状況も共有し始めていました。この方は業界経験がまだ少ない方だったので、色んな疑似体験をしてもらうためです。

ご本人は謙遜していましたが、年齢的には全く違和感はないため、この方が将来部長として舵をとれるよう、私は必要な知識のアウトプットを惜しみませんでした。

 

そして私は、組織体制が充実してきているので、また新たな次のチャレンジができると読んでいました。そして、間もなくしてその機会が訪れました。

この方と一緒に、新たなProjectに着手し、次の礎を築こうとしていました。

 

しかし、突然その日はやってきました。

この方が退職を申し出てきたのです。

 

私は頭の中が真っ白になりました。

一番身近で指導していた部下が退職を考えていたことを、気づけなかった自分が情けなかったです。

退職理由は「今の仕事はとても充実していて、面白いと感じているし、とてもやりがいがある。でも、昔からの夢が叶うチャンスを掴んだので、そちらにチャレンジしたい。」との事でした。

 

私は、真っ先に組織の立て直しについて頭がよぎり、絶望的にもなりましたが、この方の転職については、素直に応援しました。

やはり、人生に前向きにチャレンジしている方は素敵です。

私の組織のポテンシャルは確実にダウンしますが、この退職理由を聞いて、この方を会社に引き留める気持ちは微塵も湧きませんでした。

 

 「ヒト」と「ヒト」の縁は、いつも何かの見えない線で繋がっているような気がします。

この方の履歴書を拝見してからの一連の出来事は、私が「ヒト」のマネジメントするにあたっての重要な要素がいくつもありました。本当にたくさんのことを学びました。

そして、この方との協働を通じて、会社で働き続けるために一番大切なことを理解しました。

それは、「一人一人の個人的な目標や夢・価値観が、会社・仕事上でのキャリアプランや目標・経営方針等と融合しているかどうか」です。

 

人生という個々のレールの上に仕事があるのであり、仕事や会社の上に自分の人生のレールが引かれているわけではありません。

当たり前の話ですが、既にある会社や業務を基準にすると、自分を見失います。

恥ずかしながら私は、この方に退職を宣言されるまで、このことを完全に見失っていたように思います。

 

それから数日後、私自身が退職を決意しました。

以下の記事内のこの一文が、本件になります。

触発される事件があって2度目の退職検討に入りました。 

bluemiyumiyu.hatenablog.com

決意後、まずはこの方に報告しました。大変驚いていましたが、この方も私を応援してくれました。

 

この方の退職後、これまでに1度だけ再会しました。

お会いした場所は、彼が率いていたチームの部下の、結婚式の披露宴です。

 

転職先では苦労されているとの噂話を人づてに聞いて心配していたのですが、ますます景気良さそうな話っぷりにホッとしました。

私にとっては、またいつの日か、一緒に色々語り合いたい「ヒト」のお一人です。